神戸グルメゲリラ

神戸生活での日常雑記、神戸の風景や野良猫たちの写真、たま~にグルメブログ

低GI食品の食事で無理なくダイエットが可能か

カロリーベースの食事制限ダイエットに成功。一ヶ月でマイナス5kg

tommyoctopas.hatenablog.com

 

これは一旦終了し、さらに緩やかにダイエットを継続する方法を検討してみました。

知識として乏しかったGI値と呼ばれるものに注目、理想的な食事の研究実践です。

そこそこ食べて、さらにマイナス2kgを目指し、達成ペースを記録していきます。

これまで炭水化物は太るという単純な知識だけしかなく

GI値に注目すれば、数値化された脂肪へ結びつきやすい食品は何かを調べることが出来ると解りました。

そこで次のステップでは、極端なカロリー摂取量を抑えるアプローチでなく

栄養バランスも考慮した低GI食品の食事で無理なくダイエットが可能か研究実践してみたくなりました。

GI値とは何か、太るメカニズム

ブドウ糖を100とした場合、各食品の食後30分後の血糖値の上昇率で、GI値60以上のものが高GI食品、60以下が低GI食品と呼ばれています。

高GI食品を摂取すると、血糖値が上昇しやすく、その結果インスリンの分泌量が増える。

インスリンは、脂肪の合成したり、脂肪の分解を抑制するので、脂肪が蓄積されやすくなる。よって太る

脂肪が蓄積されるメカニズムはこちら

www.otsuka.co.jp

低GI食品によるダイエットに注目

食事によって血糖値の上昇を抑え、脂肪蓄積と関係のあるインスリンをコントロールするダイエットの考えです。

まず、今まで知識がなく食べていたもので

食べると太るへ大貢献しそうな超高GI食品80以上と定義します。()はGI値

 

穀物類

食パン(91) 凄まじい超高GI値ですw

白米(84) 普段モリモリ食べてましたが、超高GI食品です。現在、お茶碗半分しか食べてません。

あんぱん(95) 菓子パン類は総じて高GIですが、あんぱんがNo.1らしい

フランスパン(93) めったに食べませんが、食パン超える破壊力

ビーフン(88) 白米よりマシなイメージありましたが、実は高い

餅(85) お正月、調子に乗って食べると一撃で太る

穀物系の低GI食品ありますので、ご安心下さい

 

野菜類

基本どれも低GIですが、ひとつ変なのが

にんじん(80) これ意外!?、もしかして人参嫌いな人、やせ型が多いとかw

 

いも類

トウモロコシも含め、いも類は高いです。特にアカンのが

じゃがいも(90) ダイエット中ならコロッケは絶対NG

 

魚・肉類

優秀です。どれも低GIです。

40~55の範囲ですが、肉を主食にするダイエット方も問題ありかと

魚の方が10%ほど低め

 

豆類

総じて低いですが、とってもアカンやつがいます。要注意

こしあん(80) つぶあん(78) 大福は餅と相まって、超NGぽいですw

 

果実

いちごジャム(82) 凶暴GI食品の食パンに塗って食うと、超ヤバイw

パイナップル(65) すいか(60) 控えた方が良さそうな果物

バナナ(55) 60以下は低GIですが、意外に高め、超デカいバナナは避ける

腹ふくれるお勧めの果物ございます。

 

乳製品・卵

優秀です。とても低GIです。

ほとんどが30前後、ゆで玉子は腹ふくれるしナイス

ただし生クリーム、これだけなら39(砂糖が入ると駄目)

 

菓子類

ヤバいものだらけです。

まず砂糖を直接舐めるなんて論外です。それGI値100ですw

それでいうと飴玉は100です。飴をかなりの量ずっと食べてる人はヤバいです。

スナック、チョコはもちろんケーキ、アイスクリーム、70~80の高GI

ポテチが低めで、意外に60

 

ドリンク・アルコール

コーラ(43)が特に悪い訳でもなく、純粋に糖分量がNG

100%オレンジジュース(42) スポーツドリンク(42)

出来るだけ糖分量が少ないドリンクが望ましい。

お茶、水が無敵ですが、特に血糖値を下げる機能を持ったお茶は、本記事の趣旨とマッチしますが、果たして効果は、どの程度あるのか

アルコール類は意外に低めで30前後、ただし梅酒は53

 

海藻類

無敵、超低GI食品です。

健康の為にも、常にとりましょう。毛も生えるかもしれんし

 

調味料

しょうゆ、ソース、ケチャップ、味噌、30前後です。

こしょう(73) 何故か、こしょうだけが悪者?

マヨネーズ(15) これ意外、ただし脂質は、どうなの?

カレールー(49) これも意外、低GIの部類?

 

調理食品(冷凍食品)

フライ系は高くなる60前後

特にコロッケ、ピラフ、餃子が60越え、高GIの部類

ハンバーグ、ミートボール系が、まだマシかと50前後

 

以上が、高GI食品ですが

これらは避けやすいといえば、避けやすいですが

では、別の低GI食品とは何か?となると、知られていない気がします

穀物類も含めバランスよく、低GI食品から栄養、カロリー摂取を実生活において現実的な側面から可能かどうか検討してみる。

今まで胃袋の中に入れた量の感覚で満腹感を得るような食事でしたが

それでは分泌されるインスリン量がオーバーし易くなり脂肪の生成リスクが高まる。

腹八分目というのは栄養学的にも当たっていて、インスリン量を抑えへ脂肪を抑制できるということだったみたいで、高GI食品で満腹感を得てしまうと、凄まじい悪循環が起こる訳で、同じ満腹感を味わうとしても低GI食品により血糖値を下げインスリン量を抑制できた方が賢い食事という訳です。

ではこれで痩せるとか、ダイエットになるかとういと、人間の体のエネルギーの入りと出の関係が絶対支配してますので、食べて入れたエネルギーが100だと、運動で100以上消費しないと、永久に痩せる事はないです。ジリジリ太る。

同じ100でも食べて入れる質が悪いと脂肪増となり、運動はもっとそれ以上の150の消費が必要になる訳で、この体の中で何が起こってるか見えない訳で、運動しても無駄なるなんて恐ろしい事でして、せめて入りの部分でも、特にGIの数値化で見える化しようという試みです。※断定的に語っていますが、栄養士でも何でもありませんw

 

あとダイエットの目標値とか、動機とかが成否の重要性として高いような気がします。

目標一ヶ月でー5kgっていっても難しいです。では、ー1kgならどうでしょうか

成功すれば、翌月も同じ事にトライして、繰り返すだけです。習慣化されれば大勝利です

動機は、単なる痩せたいという願望だけだと、他の願望要素の重要性に絶対負けます。あと強い動機であればあるほど、苦行を選択し続け煩悩を滅すような修行に近いダイエットを計画しがち、普段如何に楽するか無意識化で選択行為を行っている中では、動機との合理性でいつしか破綻を向かえるのではないかと

動機に関しては、もろ痩せるとかダイエットでなく、自分の体を使って研究実験してみるっていう「好奇心」に頼ってみるのが、いいかと思うんですよ ※断定的に語っていますが、ダイエットのプロでも何でもありませんw

 

次回からは

  • 低GI食品を調べた結果
  • 組み合わされる理想的な食事、PFCバランス
  • 実際に実践する為の手段や方法
  • そして開始、経過、結果、結論

マイナス2kgを目指し、実際の達成ペース、体やメンタルの変化を記録してみる

こういったメインテーマをブログに設けつつ、これまでの路線もホールドしつつ

これで単発ネタ切れを起こす事なく、ブログの記事を書いていけるのではないと

そんな感じです

 

でも、こういったものも月1回は食うことにしますw

f:id:tommyoctopas:20151222204344j:plain

 

PS

大成功して、リバウンドもないようです。やったわ!

tommyoctopas.hatenablog.com