神戸グルメゲリラ

神戸生活での日常雑記、神戸の風景や野良猫たちの写真、たま~にグルメブログ

新開地で6個200円のたこ焼き買って、和田岬のイオンモールまで散歩してきました。

新開地から和田岬イオンモールまで自転車で散歩

イオンモールがどこまで完成しているか見物しにいきました。

 

おやつはたこ焼き

新開地のボートピアで6個で200円のたこ焼き買って、自転車で南下することにしました。この辺の相場だと300円以上はするので、激安ですw

f:id:tommyoctopas:20170617144137j:plain

 

和田岬中央市場のとこに到着

手前の道路は拡張工事らしきものが、まだ行われております。中央市場建屋1Fにディリーストア・ヤマザキが新しくオープンしてました。

f:id:tommyoctopas:20170617154142j:plain

f:id:tommyoctopas:20170617150059j:plain

運河沿いに立ち並ぶイオンモール神戸南店、もう完全に完成している雰囲気でした。

6/30より一部の店舗だけで先行オープンするみたいです。

向かいの和田岬中央市場と連携して生鮮食品を展開するみたいで、明石のスーパーみたいに、魚がめちゃくちゃ安く買えたらいいなぁと期待しております。

 

あといくつか思うところがありまして

車での来客がメインとなる郊外型大型店舗のスタイル、この和田岬イオンモールも同様のコンセプトにて集客する立地場所かと思われます。

残念なことに最寄駅の和田岬中央市場前、この地下鉄湾岸線の接続が不便過ぎるのです。ハーバーランド前駅もとても利用し難い位置にあります。

 

思いついた面白い案としては

船でハーバーランドと往復接続したら面白いと思います。

メリケンパークの港めぐり船とコラボした拡張便とか、イオンモール利用客は片道料金無料とか、また逆方向のイオンモールからハーバーへも同様に片道無料

商業圏が離れたモールを船で一発で結べる可能性があり、お互いに魅力ある店舗の訴求力があるならば、両方楽しんでもらうお客の流れを作れるのではないかと、立地位置に関してはそんな気がします。

 

運河沿いのプロムナード

f:id:tommyoctopas:20170617145828j:plain

ちょっと幅が狭いような気がします。ベンチの数も少ないです。

もう1段、運河側に掘り下げて、そこに腰掛けるデインがいいような気がします。

あと緑が非常に少なく日陰が確保できてないのが気になります。

 

6個200円のたこ焼きです。

運河を眺めながら頂きました。ちゃんとタコも入ってて、紅しょうが付きw

200円以上のクォリティは十分にありまして、12個だったら400円なので、結構、腹ふくれると思います。安いですこのたこ焼き、またリピートします。

f:id:tommyoctopas:20170617150310j:plain

 

残った紅しょうがは、楊枝が長めなので、これを箸がわりに頂きました。

f:id:tommyoctopas:20170617150547j:plain

 

あとカロリー消費あげるために笠松商店街へ

f:id:tommyoctopas:20170617151123j:plain

大型店舗完成は、地元の小規模な商店街とっては、かなり逆風で、さらに厳しくなりそうな笠松商店街の郷愁が漂っており、辛かったです。

 

あと喉渇いたので、和田岬のローカルスーパーで飲み物買おうと入ったら、ハインツのマスタードからしが50円で売ってました。

田楽味噌と練り合わせて、コロッケに塗ってみたら旨いかもと考えましたが、やめときます。

f:id:tommyoctopas:20170617152019j:plain

 

イオンモール神戸南店が正式名称らしいのですが

「神戸南」ってのが違和感ありまして、神戸では、方向においては「南」って表現は普段あまり使いません。「海」の方とか、単に「下」って言うことが、ほとんです。

「神戸和田岬店」でいいじゃねって思うんですけどね

 

あと和田岬中央市場の2F、超おいしい洋食屋さんあります。

ガチお勧めの穴場の洋食屋さんです。

www.kobe-np.co.jp