七夕短冊大賞

 

七夕終わっちゃいましたけど、商店街に行くと子供たちが書いた願い事の短冊が一杯飾られてまして、どんなの書いてるか読んでまわると結構面白くて微笑ましいです。

僕の選んだ七夕短冊大賞はこれです。

f:id:tommyoctopas:20160701192152j:plain

 

微笑ましいです。どこかの動物園でカピバラさんを見たのでしょね。それがとっても可愛くて可愛くて、家に帰っても毎日カピバラさんの事が忘れられず、ついに七夕の日を向かえ、思いの丈を書いたのだと思います。

 

受賞のポイント

 

「カピバラさんを」が短冊上下一杯に一切の余白なしで書ききった七夕への強い期待感が感じら僕的にはかなりの好感度です。

 

「しょうらい」というのが、子供ながら現実を鑑み、今は無理だろって思いが伝わって来ます。あと字の大きさと位置から、その事に気がつき後から書き加えたと思われます。

 

「飼いたい」が漢字になってるのが、この子の強い想いが感じられます。

 

どうか願い事が叶いますように