神戸グルメゲリラ

神戸生活での日常雑記、神戸の風景や野良猫たちの写真、たま~にグルメブログ

シュークリームの生クリームが入りきらなくて爆発したのが「シューパフェ」 おっされ~な元町ケーキ

 

ほんと暑いです。

おやつに、銀だことかもう無理です。想像しただけで暑いです。

すぐ近くに元町ケーキあるので、おやつは「ざくろ」ですが

 でも今回は、前から気になってたスィーツがありまして

「シューパフェ」です。

 

「ざくろ」を1個だけ買って帰ってくるのも、かなりの恥ずかしさで根性がいるのに、さらにハードルが高そうな「シューパフェ」に勇気を出して買ってきました。

 

これです。

見て下さいこの生クリームへの憧れをまるで形にしたようなスィーツを!!

f:id:tommyoctopas:20170731142232j:plain

 

生クリームの中にダイブしてみたい

それは無理でもお口一杯の生クリームで窒息死の臨死体験は可能かもしれない

 

シュークリームのクリームが入りきらなくて、さらにモリモリに生クリームを盛ったような重量感で、これを一気にお口の中に放り込み、お口の中を生クリームの洪水で窒息死する妄想をいつも「ざくろ」買う時に、このシューパフェを見ながら、いつも夢みてました。

なんせこれ1個だけ買ってくるほど、おしゃれなスィーツ男子ではないので「ざくろ」で我慢してたのですが

 

実行しました。

あとはこれを一気にお口に中に入れるだけのところへ辿り着きました。

f:id:tommyoctopas:20170731142332j:plain

 

憧れの生クリーム、一気に食らいつくと、鼻でしか息が出来ないくらいの十分な生クリーム量、満足な窒息感が得られる「シューパフェ」でした。

 

息が出来ないのではなく、生クリームの洪水的な甘さに窒息しそうでした。


つまり脳内の全神経ネットワークがこの甘さだけ駆け巡る状態にシナプスバーストして甘さの洪水的な窒息死を臨死体験してるものと思われます。

 

それを可能にする「シューパフェ」の一気食いは、凄いです。

 

超美味しかったです。

ざくろさん浮気してごめんよ


 

おっされ~な元町ケーキ

ちなみに商品名「シューパフェ」です。

シューパフって言って注文してました。

すかさず、お店のお姉さんが「シューパフェですね!」って言い返され

「はい、シューパフェ、1個お願いします。」と言い直させられました。

では

f:id:tommyoctopas:20170731141646j:plain

 

tommyoctopas.hatenablog.com