まだまだ半袖でいたい人たちの憂鬱

そろそろ本格的な秋に向かって、ジリジリと近づいているでしょうか

長袖を着てる人やもう1枚羽織る人たちが、かなり増えてきました。

でも暑がりの人にとっては、まだまだ半袖でいたいのです。

まだまだ半袖でいたい人たちの憂鬱についてのお話しです。

f:id:tommyoctopas:20170922231633j:plain

 

僕はかなりの暑がりなので、半袖が楽で大好きです。

ずっとずっと着ていたいのです。

でも季節は巡ります。

だんだんと肌寒さを感じ始める日々が増え始め

長袖に変える人が増え始め、さらにジャケットを羽織る人がポツポツ出てきます。

 

でも僕は、暑がりなのです。

そういった長袖に変える人たちより、寒さに対する感覚が鈍感で

まだまだ暑いじゃん、長袖なんて早すぎるよ、絶対無理!汗だくになるわ!

相当な寒さにならない限り、まだまだ半袖がとても快適な季節なのです。

 

さらに季節は巡ります。

ダウンジャケット等を羽織りだす人が登場したりしてきます。

暑がりの人間は、寒さ感覚が通常に人間より下手すりゃ平気で10℃ぐらいずれ込んでいるでしょうか

 

気温10℃は、体感温度20℃ぐらいでして

まだまだ半袖で十分耐えれるレベルの気温なのです。

これはもう暑がりの人間でないとお話しても解らない感覚でしょうか

なんせいっつも日々暑さを感じながら生きているのです。

 

さらに季節は巡ります。

もう誰が見ても冬です。寒いです。

今日も寒いねぇ~が挨拶がわりになるような季節到来で

やっと、やっとですよ

暑がりの人間にとっては、それは秋の到来なのです!

 

一般人が冬の到来を感じ始める頃

ようやく半袖から長袖にチェンジして

あ~今年の夏も暑かったよなぁと、あーちょうどいいわ

なんて快適な季節なんだろ、まったく暑くないよ

いいよなぁ秋は!

冬に、秋の到来を感じ始めるです。感覚的には

まぁ極端に言ってみれば

これが暑がりの習性というか季節感覚なのです。

絶対理解不能と思いますが

 

例えば極寒の外国地で5秒で水も凍る寒い国に住んでる人は

日本の冬なんぞ、たぶん寒いと思わんでしょ

ましてや秋なんて、それはまだまだ夏で

ようやく涼しくなったわレベルの感覚で、余裕で半袖なんです。

といえば暑がりの人の感覚が解るでしょうかw

 

ようやく

本題の「まだまだ半袖でいたい人たちの憂鬱」の件です。

 

いくら暑がりだからといっても

いつまでも半袖でいる訳にはいかないのです。

 

人の目を感じるのです!

ダウンジャケットを着ている人からジロジロ見られるのです。

これが嫌で、しぶしぶ長袖着たり、なんか薄手のものを羽織ります。

 

ただ限界まで挑みます。寒さの限界ではありません。

人から受ける目線の限界点です。

許されるなら余裕で10月後半まで半袖で居られるでしょうか

どこで断念するかの、いよいよそんな季節がらが迫っているのです。

まだ半袖でも大丈夫でしょうか、まだまで着てる人が一杯います。

これがまた一人、また一人と居なくなり

ついに僕だけになった時、憂鬱になってくるのです。

まだまだ半袖でいたいのに

人の目が気になって恥ずかしいのです。半袖だと

 

ほんでもって

いつも言われるのが「寒くないですか?」

これがつらいです。

まったく寒くないのです。

むしろ今が半袖シーズン到来と思えるぐらい快適なのです。

 

しぶしぶ、しぶしぶ、着るのです。

季節感のない人間と揶揄されるのが嫌で

しぶしぶ、長袖を、なんか羽織るものを着るのです。

暑いです。汗かいてます。

とても憂鬱です。

 

ポツポツ増えてきました。長袖の人たちが

いよいよやってきました憂鬱な季節が

でも暑がりは

まだまだ半袖でいたいのです。

 

半袖の憂鬱、それはある種のメタファーなのかもしれません。

それは

自分は自分でいたいだけのです。

よく言われる「自分らしさ」というもの

案外、解ってるようで、解ってないのです。

何かの流行で「自分探しの旅」というのがありました。

意識して探せば探すほど、かえって自分らしさ見失う人もいます。

自分探しを諦めて

自然体でいることが、ある種、自分らしさが自然と現れてくるとするならば

これもまた難しいでしょうか

「自然体」と「自分らしさ」とは別の存在定義とも思えたりします。

となると

自分らしさを考えすぎると、この半袖の憂鬱のように苦しんでしまう

ならば捨ててしまう、その自分らしさと思っていた、自分らしさを

そこから現れてくるのが、自分らしさかもしれない。

 

でも、捨てろ!と言われても

それはそれで、自分らしさを意識し過ぎてる訳です。

 

自分らしさとは、そもそもそんな思いに囚われている事が問題なのかもしれません。

自分らしさとは、探したり、追い求めたりするようなものでは無いのかもしれません。

自分が何であったかを、もう忘れてしまう

もうそんなことは、もう考えない。

別に消えてしまう訳ではないのだから

自分らしさは、やはりちゃんと存在しているはずなのだから

 

ここまで、もってこれたブログの落しどころですが

とりあえず、まだまだ暑いから、半袖ずっと着るもんね~にしときます。

 

あとたぶん

前世は超極寒地域に住んでいたと確信できるほど

なので冬が大好きです。ほんと快適です。

寒さについては異様なほど強いです。

ちなみに僕の部屋は、暖房器具の一切何もありません。

そんなの使うと暑くて汗が出ます。

なので光熱費はゼロです。

まいったか!

では