シェフ・グルメゲリラのお料理教室の巻、3品用意しました。

今日はお昼は、お外でお料理して、がっつり食べました。

シェフ・グルメゲリラのお料理教室の巻です。

食材は以下のとおりです。

どれも特売品のスゲー安さです。

f:id:tommyoctopas:20170923125229j:plain
f:id:tommyoctopas:20170923125649j:plain

 まずはジャンボ・ミスジを焼き焼きいたします。

適当なところで、一旦ジャンボ・ミスジを取り出します。

あまり焼き過ぎにならないよう、レアレアにしておきます。

f:id:tommyoctopas:20170923125714j:plain
f:id:tommyoctopas:20170923130056j:plain

ジャンボ・ミスジを食べやすいサイズにカットしておきます。
わさび醤油を作って、下味をつけておきます。一旦ここで放置です。

このまま食べても、とっても美味しいですが、ぐぐっと我慢して、次の工程へ

(ひと切れだけ食べてしまいました。)

エリンギを裂いて、焼き焼きします。その際、牛脂と一欠けら入れて焼き焼きします。

f:id:tommyoctopas:20170923130317j:plain
f:id:tommyoctopas:20170923130633j:plain

焼き目が付いてきたところで、ステーキソースと絡めます。

再びカットしたミスジを入れ、ステーキソースと絡めながら煮立てます。

f:id:tommyoctopas:20170923130746j:plain
f:id:tommyoctopas:20170923130806j:plain

ミスジが、ややレアの状態を残しつつ

エレンギに十分ステーキソースが染み渡るタイミング見計らい

最後、ぐわわっと、ひと煮立ちさせ、完成です。

料理名「ミスジとエレンギの秋への憧れ」

染みてますあなた色にエレンギが肉もソースも吸い込みまくり

もうどっちが肉なのか解らない味わいに

もう秋を待つだけとなりました。

 

次の料理に移ります。

料理名「レバナス炒め」

まずナスを一口サイズにカットして、ステーキソースで煮立てます。

f:id:tommyoctopas:20170923131533j:plain
f:id:tommyoctopas:20170923132025j:plain

は~い、レバー投入です。

ソーセージなんかも入れちゃいましょう

f:id:tommyoctopas:20170923132245j:plain
f:id:tommyoctopas:20170923132526j:plain

料理名が変わりました。
「レバナッソー炒め」の完成です。

あとから割り込んできたソーセージさんを

どうやって料理名に含めるかが、最も苦労しました。

 

次の料理がメインデッシュです。

超極長ステーキの特色を生かしたスペシャルメニューです。

f:id:tommyoctopas:20170923134659j:plain

じわじわ

じわじわと焼き上げます。

そしてこうなった!!

 フランスパンに挟むのだ!

f:id:tommyoctopas:20170923135340j:plain

挟むのだ!!

f:id:tommyoctopas:20170923135400j:plain

料理名「秋の長い長い2人の出会い風ドッグ」

ざっくとした食感のあと、肉の柔らか歯ごたえが

延々と続く長さを実現できた2人の出会いに感謝

 

以上の3品が本日のお昼のメニューでございます。

とっても美味しかったです。

シェフ・グルメゲリラでした。