自動販売機でコーラを買おうとしたら、お金が詰まって610円も入れちゃったよw

自動販売機で缶コーラを買おうと、500円玉を入れました。

ちゃり~んと音がせず

なんか、ぶっすっとした感触で

購入ボタンも光らず、見事に詰まってしまったのでありました。

返却レバーをギコギコやるも、まったくダメでして

 

お~まいご~

詰まってしまったのかよ!

よ~し!追加で100円入れて、押し込めば

ちゃり~んっと、落ちてくのではないかと思い

100円玉入れました。

ぐぐぐぅっとした感触で、またまた見事に詰まりました。

 

なってこったい、お~まいご~

よくよく考えたら、10円玉でも良かったのです。

なんで100円入れちゃったんだよ

 

むむむ・・

ならば10円玉入れて、さらに押し込めば

今度こそ、ちゃりちゃりちゃり~っと落ちていくのではと

10円玉を入れました。

 

先ほどより、いかにも入り難く

ぐぐぐ、ぐ、ぐっと

すでに期待を打ち砕く感触でして

もう完全に詰まりまして

ちょっぴり10円玉の先っちょが見える状態で詰まってます。

 

お~まいご~ 

きゃ~610円も入れちゃったよ!

 

あんまりよろしくないのですが

コインの投入口を、ガンガン叩いてみましたが、まったくダメな感じで

返却レバーをギコギコにやりましたが、やっぱタメでした。

 

むむむ・・・これはどうしたものかと

自動販売機に貼ってある連絡先の電話番号

携帯電話を持って出ていなかったので、見て記憶しました。

何番何番の何番何番と、忘れないように呟き

呪文を唱えるように呟きながら自宅へ戻りました。

 

その前に、少し離れたところにある自動販売機に寄って

缶コーラを買いました。

こちらは、ちゃり~んと入り、ガコンっと出てきました。

 

缶コーラを見つめながら、やっと買えたわと安堵した刹那

これ買うのに710円も消費してるって事なのかよ!きゃ~

なんか、お~まいご~気分が、再び押し寄せ

先ほどまで、覚えていた何番何番の何番何番の連絡先が思い出せず

呪文が呟くことが出来なくなりました。

 

再び詰まった販売機に向かい呪文を記憶し直し

唱えながら走って帰りました。

 

自動販売機の連絡先の電話番号をかけると留守番電話でした。

折り返し電話する内容の留守電でして

自分の電話番号を告げ、切りました。

 

610円も入れた事、信じてくれるのか

それが少し心配です。

では

 

後日談追記

610円、現金書留で送ってくれることになりました。