ウェストが、かなり細くなりまして、ベルトを切断しました。その切れっ端を見て辿り着いた飽くなき探求とは!?

現在、一番絞まる穴のところで、ゆるゆるでして

ベルトを切断したくなってきました。

何センチ切断するべきか、やる前にちょっくら考えてみました。

f:id:tommyoctopas:20171011165804j:plain

理想的なカット後の状態が

カット前の一番絞まる穴の、ひとつ手前の緩めた穴が、カット後の前のベルトの長さになっていて

カット後の一番絞まる穴のところは、これまでよりギュッと絞まる穴にしたいのです。

つまりひとつ緩めれば、前のベルトの一番絞めてた長さって訳です。

 

そのカットすべき長さを計算したら3cmでした。

カットして試着すると

まさに理想的な思惑どうりの穴に仕上がってました。

 

何気に、とりゃ~って切断して

切り過ぎたわ~ってオチを

どうしても回避したかったのです。

カットする前に、よく考えてからやって良かったです。

裏目裏目の事柄が続いたりすると

とっても些細な事ですが、うまくいくと何か好転の兆しのような気がしたりするのは、気のせいでしょうかw

 

このままでは、ベルトの切れっ端の画像が貼ってある日常雑記になってしまうので

飽くなき探求を行ってみたいと思います。

 

f:id:tommyoctopas:20171012032201j:plain

※体は楕円ですが、そういった事は、今回無視します。

 

ではウェスト回りが3cm、減りました。70cmになりました。

太さはどうなるかというと、円周率で割ると、22.2cmになります。

1cm細くなったわけです。

 

お腹の皮膚を摘んでみて、摘み取れるその分厚さが、皮下脂肪の厚さとしましょう

皮下脂肪の厚さは、2~3cmといったところでしょうか

すべて削り取れるとは到底思えないので

よくいって2cmが限界でしょうか

逆算しますと、1cm削りとったので、残りは1cm削りとるのが限界となります。

つまり太さ21.2cmが、皮下脂肪削り取り限界点となる

それを円周率で逆算すると、目標ウェスト回りとなる

ぐぐっと減って、66.5cmとなります。

 

皮下脂肪なんて全部取れませんから

まぁ言ってみれば、これ以上は細くはならんという事です。

痩せた太ったは、ウェスト回りでしか計っていないので

つまり逆算した結果、あとウェスト回り3.5cmほど減らすと

完全パーフェクト完了でいんじゃね

ていうかそれ以上は皮下脂肪の阻止限界点があるので無理なのです。

 

そんな飽くなき探求を

このベルトの切れっ端を見て辿り着きました。

ありがとうございました。

では