神戸グルメゲリラ

ぬっこぬこ、たま~にグルメブログ

ロックダウンがあれば、おそらく大混乱に陥るでしょうが先回りして冷静にその後を考えてみました。

ロックダウン後、どういった社会構造の変革が起こるか考えてみました。

現在、僕はリモートワークに移行しています。
取引先の協力が必要ですが、理解が得られやすい状況になっております。
インターネット会議や取引先のデータベースへのリモート接続、ネットを使ったエクセルの共同編集など
同じ成果ならリモートワークの方が生産性が良いとなります。
移動時間や交通費のコストがまず自動的に削減されるということです。

ロックダウン後、こういったリモートワークに頼らざるを得ない状況になります。
長期化すればするほどリモートワークで行う仕事が標準になっていくでしょうか

 

社会構造の変革に期待
ではコロナ収束後、リモートワークはどうなるでしょうか
そのまま継続して行う会社も出てくるはずです
大きな事務所を構える必要性がないと考えるようになるかもしれません
そのままリモートワークの継続を望む社員も出てくるかもしれません
リモートワークならではの生産性の向上というものに目を向けていくようになるはずです

 

真にインターネットを使った生活スタイルの変革
リモートでできるなら東京へ通勤する必要がない
住む場所も一極集中から住宅環境のいいエリアへ分散が始まるでしょうし
結果、都市の通勤混雑も解消される
都市部に集中してしまう事の弊害
奇しくもこのコロナでこれが見直されるキッカケとなるかもしれません。

 

現在、ウーバーイーツが大活躍してます。
店舗への客足が大幅に落ち込み大変な事態になってます。
ロックダウン後、もはや経営が成り立たないのかもしれません。
しかしウーバーイーツに活路を見つけ生き残る店舗があるはずです。
調理場だけがあればいいというウーバーイーツに特化した店舗も現れるかもしれません。
インターネットによるこういった社会構造の変革が促されるのかもしれません。

 

現在の社会構造はパンデミックというものにいかに脆弱であるかと露呈されました
瞬間的に経済が破壊されてしまいます。
ではどうしたらいいか

 

経済対策も必要ですが
それはやはり目先のことであって
この長期化するコロナウイルスの中で
立ち向える社会構造の新たな変革へとトライするのことがメインと考えます。
またそれが成長産業になる可能性も秘められていると思います。
コロナが収束するまで、じっと耐え忍んでるだけでは、もったいない気がしてきました。
世界同時というのが、何か大きなウネリを伴って、新しい社会構造の変革、この令和から始まる予兆、そんなリーダーシップを求める機運が高まっていけばと切望しています。

 

ウイルスにやられっぱなしなんて
腹が立つじゃありませんか
でもこの戦う相手はウイルスなのか
ではないような気します

ロックダウンがあれば、おそらく大混乱に陥るでしょうが先回りして冷静にその後を考えてみました。

あと

印刷所で商品券を印刷するのと

造幣局で一万円札を印刷するのと

同じく物理的な紙を配布窓口に輸送して配るのなら、何がどう違うんですかね

一緒やんって思うんですけど

ていうか1万円札のんが効率いいんじゃね

直ぐ印刷できるし、どっか在庫あるんじゃね

商品券だと使うと、その後、回収して捨てて無駄やし

1万円札だと、その後も永久に回り続けますよ

どっちが経済効果あるかって、考えたらわかりますよね

たぶんインフレになるのを恐れてるのでしょうか

でも日銀が目標とした未達成のインフレターゲット2%

これ達成するチャンスやんって思うんですけどw