神戸グルメゲリラ

ぬっこぬこ、たま~にグルメブログ

ザブングルのウォーカーマシンのプラモが長田の丸五市場脇で現存していた!

長田の丸五市場脇の縦筋の商店街でプラモが展示してまして

久しぶりの見に行ってみると

ザブングルのウォーカーマシンが並んでるではありませんか

 

f:id:tommyoctopas:20180622134304j:plain

f:id:tommyoctopas:20180622134153j:plain
f:id:tommyoctopas:20180622134128j:plain
f:id:tommyoctopas:20180622133951j:plain
f:id:tommyoctopas:20180622134101j:plain
f:id:tommyoctopas:20180622134243j:plain

 

展示されるプラモは定期的に入れ替わるみたいですが
長年続けてきた結果、とうとうネタ切れで

虎の子のウォーカーマシンのお出ましとなったそんな感じのようです。

プラモの箱のやつは「トラッド11」

確かにバンダイのプラモというより、タミヤのプラモっぽい箱ですね

実在する重機のプラモっぽい感じです。

普通に現代の重機プラモのジオラマ作って

中に立たして何の違和感もない、そんな感じのデザインです。

写真中央のカーキ色の大きいやつが確か「ダッカー」あったかな

 

ウォーカーマシンはガソリンエンジンで動く設定になっていて

ロボットなんですが、クルマぽく、しかも操縦はレバーじゃなく

まさにクルマのハンドルをクルクル回して

ロボットを自在に操縦してたかと思います。すげーわw

ザブングルは、重機マニアウケのアニメ!?

middle-edge.jp

 

ガンダムのようにモビルスーツと呼ばれるような

カッコよさを追求したロボットデザインでなく

ウォーカーマシンは、もうこれは戦闘ロボットというより

建設用重機に機銃や大砲くっつけたロボットのデザインでして

プラモにしても、カッコいいから売れるとか、買ってもらうとかから

逸脱したのがザブングルとういアニメで

当時は商売抜きでアニメ作品を作ってたいい時代だったんだなと

 

こういった人が乗り込んで操縦する大型ロボットは

建設用重機の分野では、もう実用段階に入ってまして

ガンダムよりかは、遥かに現実味があるのは

このウォーカーマシンなのだ!

AIも発達して、ハンドルで操縦できるのかもねw

 

日立建機 双腕作業機

https://www.hitachicm.com/global/wp-content/uploads/2015/05/01.jpg

 

長田の六間道商店街が、ほぼ壊滅で

人も訪れる事のない、超絶オワコン状態の三国志関連が空しく鎮座して

神戸の中でも高齢化社会を先取りしたようなモデルケース的な街、長田

シャッター商店街

じわりじわりとアスタ、JR長田駅へ向かって北上していく気配と

その終着と思える場所に鉄人28号がいて

なんとも言えぬ「先のない過去だけの」メタファー感の漂いを

感じてしまうのです。

 

その丸五市場脇で、ふいに出会ったウォーカーマシンを眺めながら

コロッケ片手に、近未来のロボットの時代を想像してみる。

むかし、ロボットが活躍するような未来世界にワクワクしてた頃がありました。

でも今は、どうもロボットは、老人介護で活躍するのが近未来でしょうか

しかしながら長田の市場のコロッケは、とても美味しかったです。

では