うなる美味しさ!うな次郎で、せめて心理的に夏バテへ対抗してみる。かなりうなれるのだ!

暑くて暑くて、もう夏バテぎみなのである。

鰻なんかが夏バテには良さそうなんだけど、鰻を食ったところで、面白くもクソもないので、どうせならフェイク鰻のうな次郎でも食べてブログでも書いとくのが、いんじゃねと思いました。

ただこれで夏バテに効果があるのか不確かですが「完全に鰻食べたよ!あー鰻旨かった!」と思い込めば、体も騙されて頑張ってくれる心理効果が十分に発揮できるポテンシャルを秘めてる

「うなる美味しさ!うな次郎」250円でございます。

 

ほんと鰻そっくりですが、本品は鰻ではありません。

f:id:tommyoctopas:20180722144038j:plain

 

成分表がこちら

うなぎエキス、うなぎのタレ、魚肉に練り込まれています。250円という値段を考えれば、魚の練り製品界ではかなり高級品ではないでしょうか、すべての栄養価がオールラウンダーに摂れて300カロリーなので、かなり優秀といえば優秀な魚の練り製品なのかもしれませんw

f:id:tommyoctopas:20180722144353j:plain

 

どっからどうみても鰻だよこれw

匂いも鰻そのもの、あとは「これは鰻である。」と、いかに思い込むか夏バテに効果を発揮するかどうかの勝負の別れ目なのである。

f:id:tommyoctopas:20180722144428j:plain

 

これとこれが付いているという事は、つまりこうしろ!という事

うな丼にしろ!って事

f:id:tommyoctopas:20180722144526j:plain

 

まずご飯に、付属の鰻のタレを半分ぐらい残してかける。

うなぎのタレご飯、これだけでも鰻気分は味わえるが、それはあまりに虚しいのだ。

うな次郎が、その虚しさを、吹き飛ばす!

f:id:tommyoctopas:20180722144619j:plain

 

うな次郎をのっけて、タレかけて、山椒をまぶす。

うなれ!うな次郎!うなるのだ~!

f:id:tommyoctopas:20180722144844j:plain

 

どっからどうみても大迫力のうな丼なのだ。

f:id:tommyoctopas:20180722144935j:plain

ちょっとプツプツした「たらこ」みたいな食感がありますが

しかしながら実に鰻です。鰻と思い込むに十分なポテンシャルの美味しさw

うな次郎、恐るべし!うな丼だよこれは!

うなったぜ!!

まだまだ暑い日が続くのだ。本物の鰻は、ここ!っていう死にそうになる日に取っておくことにしときます。

スーパーの鰻が今年はそれほど高くないですね。1000円以下で売ってますね。謎があります。夕方過ぎスーパーいくと鮮魚売り場のほとんどが半額シールが貼られていくのに、うなぎだけが、割引シールが一切貼られる事が無いのです。結局、売れ残った鰻はどうなるのでしょうか、これが謎なのです。

 

今年の夏の暑さは異様ですね。

ちなみにアナウンスされる気温って、涼しげなとこに置いてる百葉箱の温度計らしいので、本当の生活圏の気温は、もっともっともっと高いのです。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

といっても仕方ないので、ここは開き直って、うな次郎でも食べて

猛暑を楽しむぐらいの心持ちで過ごすのが、いんじゃないでしょうか

では