神戸グルメゲリラ

🌸Nukko 🌸Nuko, sometimes gourmet blog

平成元年がトップガンで、もしかしたら令和元年もトップガン2かも、そしてトップガンは時代の大きな変わり目に登場する!?

実は映画「トップガン」が平成元年でして

トムクルーズが駆るF14トムキャットが、かっこよくて、かっこよくて、戦闘機パイロットに憧れましたね

映画冒頭のF14の発進シーケンスと共に流れるBGM、これが渋くて渋くて、徐々に朝靄が解けて、シルバーに煌めく機体のエンジンが唸りを上げ、カタパルト射出されると同時にケニーロギングスのデンジャーゾーンも射出されるというか、すげー鳥肌ものだったの今も覚えてます。

しかも実機ですよ!実機のF14での映画撮影でして、これがすげーというか、普通だと見れることない、ありとあらゆるアングルでF14を魅せてくれる映画、これがトップガンの映画のすげーとこでしょうか、ただし戦争映画というよりも、もうしかしたら青春スポ根映画なのかもしれませんw

トムクルーズが着てるワッペンがあちこち貼ってあるMA1ジャケット、これが大流行して、真似しましたね。トムクルーズが乗ってるバイクがGPZ900Ninjya、これもめちゃく流行りました。景気も良くて、給与もいいし、将来前途洋々、なんの不安もなく、前だけ見て進む、そんな時代でした。

f:id:tommyoctopas:20190508010105j:plain

MA1ジャケット着て、グラサンかけて、ニンジャ乗る

僕のまわりは、趣味思考が似通った連中が多く、全員このスタイルでして、コールサインがマーヴェリック、おまえはクーガー、いやアイスマン、おまえはバイパーやと、1日中、名前を呼ぶ時は、このコールサインで呼び合ったものです。

 

劇中でよく叫ばれた奇声みたいなやつ「イッヤハー」とか、急に意味もなくとか叫んでみたり、人からどんな目で見られているか、一切気にせず、むしろ、見ろ!カッコイイやろ!って信じ込んで、やってた感がありましたかねw

 

今眼前に、当時のこの格好の僕らを連れてきたら、アホ丸出しで卒倒するでしょうか、土下座して許しを乞うと思います。今思うに、若さというのは、ほんと素晴らしいです。そんな「トップガン」バカな平成元年が思い返されます。

 

そして令和元年、再びトップガン!?

令和元年「トップガン2」続編の噂が!もちトムクルーズ!?

トム・クルーズトップガンの教官で復活らしいのです。またあのベタベタワッペンのMA1ジャケットが、また流行るのか、オーマイガー! 令和元年、我々の遺志を継ぐ次世代トップガンバカ登場に期待します。

だがしかーし!残念ながらF14トムキャットではなくF18なんですかね

www.youtube.com

トップガンが流行ってた時代

アフターバーナーセガ)がゲーセンにありまして、F14トムキャットのコクピットに座って、操縦桿を握り締め、ひらすらミサイルぶっ放すゲームです。

当時のゲームセンターでは、革新的な体感ゲームでした。操縦桿に合わせて、コクピットがロール動作しまして、感動ものでした。

このゲームミュージックが、かっこよくて、YouTubeに生演奏のやつ発見しました。聞くと、当時の色々な出来事が、ぼんやり浮かびます。バカだった思い出が、インターネットは、ほんますげーわ


S.S.T. Band Live After Burner Medley

戦闘機といえば今もF14トムキャット世代なんですよ

映画トップガン2、ラストにまさかまさかのF14登場でラストを締めるストーリーにしてくれんかなぁーと、例えばトム・クルーズが出撃出遅れて、ハンガーの戦闘機が全部で払って1機も無い!どうしようーってなってしもって、あっ!もう1機あったわ!と、倉庫の奥底に1機、退役したF14が眠ってて、そういえばあったなF14!でもこれ飛ぶのかよ!いや飛ばせ!なんとかしろ!ラジャー!ってな展開になって、F14が最後駆けつけ大活躍するという展開!ほんでもってF14のプラモがバカ売れして、旧キットがプレミア付きで取引される展開も勃発!ないかw

やっぱ可変翼戦闘機ってのが、当時、ガキンチョの心をくすぐったというか、マクロスバルキリーが、どこかそのF14を彷彿とさせる想いが重なったせいか、当時すげー人気あったんですよマクロスガンダムなんて目じゃねーって勢いで、なんせ可変翼のギミックとガウォーク形態にド肝抜かれて、さらにロボット形態に変形ですと!こんな遊べるロボット玩具というか、でも戦闘機というか、ガキンチョの夢をすべて叶えたロボットでした。

あとF14といえば映画「ファイナルカウントダウン」真珠湾攻撃手前に米空母がタイムスリップ、F14でゼロ戦をやっつける映画、これもF14の空戦能力の高さが伺えるシーンが炸裂してまして、BGMもかっちょよっかた。

アニメではマクロスゼロですかね。冒頭からどうみてもF14が飛びまくり、おーすげーって感じなんですけど、バルキリーもどきに、ばたばたと撃ち落されて、なんかもうF14の時代は終わりました的なもの突きつけられて、なんかやな感じで始まるマクロスゼロやったと思います。

良くも悪くも時代の変わり目かも

やはりトップガンは時代の大きな変わり目に登場する!?

古き良き時代といいましょうか、当時トップガンが上映されてた、米ソ冷戦時代が懐かしいというか、古きよきアメリカがそこにかつてあったといいましょうか、なんやかんやで、景気もよくて、結局あの冷戦時代が一番平和であったような気がするのは、気のせいでしょうかと思えるぐらいで、今の世の中の方が、よっぽど生きづらく、人生やり直すチャンスがゼロというか、あるとしたら大地震とか戦争勃発を期待するしかなく、そんなのめったにおきないグレートリセットでして

だがしかし

最後に妄想的希望的観測ですが

トップガン2が脚本が、先に述べたF14トムキャットの復活が仕込まれていて

それは今の間違った時代を改めようようするメタファとしての旧時代のF14トムキャットの復活と破壊

そんなカタストロフィーがリセット的な新時代の幕開けを予感させる映画となって

真にF14トムキャットが退役し、新時代を取り戻した証となる

そんな妄想というか希望的観測

ないよなーw

では