神戸グルメゲリラ

ぬっこぬこ、たま~にグルメブログ

お酒をゼリーで包みアイスクリームの中に混ざり合わないように仕込んだアイススイーツ「木の国ジェラート」アイスクリームなん?お酒なん?どっちなの?

世界初のアイススイーツが開発、商品化されたみたいです。

これまでの酒税法

なにやら酒税法に関する一部改正があったらしく、アルコールを含む菓子類等の取扱いが新たに加わったそうです。

例えば、アイスクリームにアルコール度数1度以上のお酒を混ぜて、氷菓子を作ったとします。でもこれ、わざと溶かして、飲料として飲むと、それはアイスクリームじゃなくて、お酒の扱いになるので、そんなアイスクリームは、普通の氷菓子として認めません!

ってのが、酒税法酒類の定義及び種類って条項がありまして、アイスクリームにアルコールを使ってしまうと、誰でも食べれる氷菓子として売り難くなってしまうという問題がありました。

 

法令解釈通達ってのが、あったらしいです。

「アルコールが入ってあっても、一般的に飲料として提供されるのもと認知されていないもの」

誰が見ても、それアイスクリームだったらアイスクリームでOKよ!実態として、それ溶かして、お酒として飲むってことがなければ、それアイスクリームだったらアイスクリームでOKよ!ってな、法令解釈通達が新しく加わったらしいのです。

 

なら、お酒をゼリーで閉じ込めて、さらにアイスクリーに入れれば完璧じゃん

だって溶かして飲んでも、アルコールと混ざってないので、単に溶けたアイスクリーム溶液を飲んでるだけやし、残ったのは、お酒をゼリーで包んだ洋菓子がコロコロあるだけです。つまりどこまでいっても、アイスクリームか洋菓子ってことです。お酒を使っていても!

 

実は、これの素晴らしいのは、アイスクリームとお酒を製造過程で水溶液としてお互いが混ざり合わなくて、分離したまま、それぞれの本来の風味を保ったまま、一体化できるということなのです。ゼリーを使うことによって!

 

あと、お酒は揮発性が高く、何かに混ぜ合わせて、製品を作りたくとも、時間の経過により、実際に人間が食する時には、かなり製造時とは風味が劣化してしまう問題が、このお酒にはあります。さらに密閉する容器にも問題が発生しやすいでしょうし、アイスクリームにお酒を混ぜるには、色々と難ありだったのです。

 

そこで考えられたのがスタッドメランジュというゼリーの素なのです。

特に、お酒の風味を閉じ込めてしまうのに向いた特殊なゼリーで、これにより難しいと思われたアイスクリームとお酒の組み合わせが実現可能となりました。

そしてさらに素晴らしいのは、アイスクリームとお酒が混ざり合う瞬間が、お口の中で実現できるということなのです。このタイミングが最もお互いの風味を生かした一番、美味しいタイミングらしく、この瞬間を作り出す、もはや装置とでもいいましょうか、それがスタッドメランジュなのです。

 

まさに大人のアイススィーツ・木の国ジェラート!?

おそらく世界初と思われる、お酒のゼリーが散りばめられたアイススイーツ、こちらがその商品です。

アルコールによる舌で感じるパンチの効いた味わいと、鼻から抜ける柔らかな香り(レトロ ネーザルアロマ)のハーモニーをお楽しみいただけます。 

 オーマイガー、なんという魅力的なキャッチフレーズでしょうか、どんなものか想像もできません、食べてみたいです。これで僕も大人の仲間入りできる気がするのは気のせいでしょうか(笑

kinokuni.shop-pro.jp

2種類の8個入セット
しぼりたて原酒入氷菓4個、グラスマルキーズ4個

4320円、1個500円ってとこでしょうか

まさに大人買いのアイススイーツ、独り暮らしの子供みたいな僕なので、他の大人たちに共同購入を持ちかけ、買ってみたいと思います。

あとですね!商品の詳細をよくよく見ると

・日本酒ゼリータイプが、辰馬本家酒造「白鹿・しぼりたて原酒」しぼりたて原酒ってなんだよ、しぼりたて原酒って!なんかしらんが気合いが入ってますね。日本酒とアイスクリームって、想像もつきません。僕はまだ日本酒の苦手なので、アイスクリームの力を借りて、飲める、いや食べることが出来るってことに興奮して来ました。

ラム酒ゼリータイプが、バーディネー社「ネグリタ・ラム40°」なんでしょうか僕この高級そうなお酒、知らないお酒です。飲みというか食べると、大人の仲間入りできる気が、ほんとにしてきました。もはや気のせいでは無いのかもしれません(笑

スタッドメランジュのなせる技とういか、アイスに日本酒の匠感すら封じ込めた気がするというか、その匠対決を洋酒で演出したこの2種セット、そしてバトルフィールドの舞台がアイスクリームですと!好奇心をくすぐるというか、やばいです。

 

買ってみました。

楽しみやわ!