神戸グルメゲリラ

Nukko Nuko, sometimes gourmet blog

宇治川メルカロードダブルオークアンタムバーガー(仮)なるのもを思いつき爆誕させてみたよ!

宇治川商店街、別名メルカロード、ここで売っている120円のハンバーガーに野菜コロッケ80円を合体させると、かなりイケるバーガーが完成するのではないかと、日頃から、ふつふつと思いつつも未実行のままだったので、実行してみた。

まず、パンジロウで120円で売ってるハンバーガーを買ってくる。

1個では当然物足りないので、ハンバーグとチキンカツで勝負させてみてみた

f:id:tommyoctopas:20200420131306j:plain

練り物屋さんから買ってきた野菜コロッケを、空席に鎮座させる

この野菜コロッケ、淡路島産玉ねぎモリモリで、めっちゃ旨いです。

f:id:tommyoctopas:20200420124423j:plain

さらに田楽味噌を間に挟みこむアイデアが閃く

ソースでないのが、まさにミソでして、これはもしかして凄いことになる予感!

あとは合わせるのみ!期待に夢広がる瞬間です。

f:id:tommyoctopas:20200420124539j:plain

合体!宇治川メルカロードダブルオークアンタムバーガー(仮)爆誕!!

二基のツインドライヴシステムにより旨味粒子を2乗化して完全開放する

f:id:tommyoctopas:20200420124717j:plain

かなりの厚みと重量感でして、ハンバーグの方から

大口あけて、がっぶっといってみました!

まさにトランザムバーストな断面

上層が淡路島タマネギ、下層ハンバーグ、間にチーズ、そして田楽味噌

f:id:tommyoctopas:20200420124929j:plain

 

肉と玉ねぎの甘みが混じりあい、間を取り持つ田楽味噌がやがて2人を愛しい結末へと僕のお口の中で恋人になった味わいといいましょうか

やはり食べのもの旨さというものは、それを言葉で表現する限界というものを悟った宇治川メルカロードバーガー(仮)の味わいでした。

2個目のチキンカツがピリっとスパイシー風味でして、ハンバーグとは違う、ぱりっとした触感に、これまた2人のカップルの誕生に祝福せざる得ない味わいでした。

これはやはりソースではなく田楽味噌が奇跡の爆誕を生み出したとの分析と1個200円でして、2個頂くと、かなりの満足感でして、やり遂げた感も凄かったです。

では

 

 

PS

あと湊川のマルシン市場が、回転焼き1個だけでも送料無料でデリバリーするという凄い事を始めました(ただし翌日午後配送)

marushin-ichiba.com