神戸グルメゲリラ

Nukko Nuko, sometimes gourmet blog

元町商店街の古本屋さんにあったチェ・ゲバラの映画のパンフ、ずーっと売れ残ってまして我が家に迎え入れてみました。

元町商店街の古本屋さん店先で、古い映画のパンフが積みあげってまして

チェ・ゲバラのパンフが、いっつも先頭に置いてあって

その前を通おるたびに「ゲバラさん、まだ売れ残ってる!」と呟き

手に取って、パラパラの見ては、立ち去り

次の日、また先頭に置いてありまして

ゲバラさん、まだ売れ残ってるよ!」

「こんにちは、ゲバラさん」と挨拶するのが日課となって

1週間経過したでしょうか

すっかりゲバラさんとも、お見知りおきな感じとなりまして

200円でして、これも何かの縁なのでしょうか

ゲバラさんを我が家に迎えてみることしました。

実はですね。ゲバラさんと神戸、まったく縁が無いわけでは、ないんですよ!

f:id:tommyoctopas:20200709201840j:plain

f:id:tommyoctopas:20200709201859j:plain

f:id:tommyoctopas:20200709224940j:plain

ゲバラさん、神戸の川崎造船所を見学しにきてるんですよね

そういった記念碑や記録的なものが一切、表に出てこないのは

当時、アメリカがゲバラさんを大嫌いだったので、日本としては表立って歓迎できない事情もあったんですかね。推測ですけど

元町商店街の古本屋さんと川崎造船所はすぐそこでして

そこにゲバラさんが、毎日、店先で神戸市民を見つめてるシュチエーション

やっぱこれはもう買いですよね。

ある人物の意識が、時空を超えて尚、現在に影響を与え続けることについて、情報思念体というものが存在してるのではないか、そう考えた方がスッキリする時があるんですよ。情報思念体が発生する空間は物理的な情報元の物体であったり、今ならネット空間の情報もそうでしょうし、何より人の脳の記憶情報空間もそうでしょうし、それらが渾然一体となって、何か意思を持って存在し続ける意識体の事です。

そしてゲバラさんはゲリラでして

このブログはグルメゲリラでして

ゲバラさんの後ろ盾を得て、さらなるグルメゲリラ活動を開始するのだ!

では(笑