神戸グルメゲリラ

Nukko Nuko, sometimes gourmet blog

七夕の短冊は最後どう処分されるんですかね?願いの情報思念体説について

商店街でやってる七夕行事

いっつもこれ系のお願い事が、ひとつはぶら下がってまして

切実というか、増えるだけでいいんですかね

「ふっさふさに増えて、彼女ができますように」って書くのが

王道のような気がするんですよ

f:id:tommyoctopas:20200705144143j:plain

ところで、これら願いの篭った短冊たちは、最後どう処分してるんですかね

普通ゴミと一緒に、ゴミの日に捨てられ、ゴミと一緒に焼却場に燃やされるんですかね

知りたいような。知りたくないような気になる七夕の覗いてはいけない闇といいましょうか、実際、処分するイベント担当者さんも、ゴミと一緒に捨てにくいですよね

もしかして湊川神社で、お炊き上げしてるんですかね。だったら成就する可能性がかなり上がるというか、願いの情報思念体となってが空気中に広がって、溶け込んでいって、叶いはしないけど、見守ってくれるというか

そしてですね、今回、コロナ収束系の短冊が非常に多かったので、その願いの情報思念体は、マジで目に見えない空間においてウィルスと戦ってくれるのかも知れません。

そうだったら、いいなぁと思うのですよ、それが僕の七夕への願いと申しましょうか、そんな説を唱えてみました。

では