神戸グルメゲリラ

Nukko Nuko, sometimes gourmet blog

ゴキブリとスイカと女の先生、思い出は永遠に

出張先で泊まった旅館というか

民宿といった方がいいでしょうか

畳の部屋でして布団を敷いて寝てますと
手首に、なんかカサカサと蠢く感じがあり
目を凝らすと、腕に結構な大きさの黒い物体
大きいゴキブリが!腕の上にいるではないですか!!

f:id:tommyoctopas:20200729160637j:plain

(この写真はこの記事の素材用で自身の顔で作成してみましたw)

うぎゃーっと腕を振って、凄い脊髄反射で飛び起き
電気を付けると、ありゃりゃゴキブリどこいった?
敷き布団をめくったりと、見渡してみましたが
どっかに逃げ込んだのか、消えとるのですよ・・・
この件で、思い出してしまった夏の想い出を
綴ってみたいと思います。

中学の時、臨海学校がありまして

海辺の大きな民宿がありまして
1階の大きな広間で、全員、びっしりと雑魚寝です。
夜、就寝してますと
手首に、大きなゴキブリがいまして
うぎゃー!ゴキブリがおるー!!
と大きな声で叫んでしまい
なんだ!なんだ!と全員、起こしてしまい
怖い男の先生に、めっちゃ怒られまして
「ゴキブリがいたんです!ゴキブリがー!」って主張しても
聞き入れても貰えず、皆が寝てるときに大声だすなと
怒られれまして、外に立たされました。
 
朝まで立たされるんやろかと
しばらく立ってますと
優しい女の先生が、スイカを持ってやって来まして
これでも食べとき!って差し出すのですよ
ええんかコレと思いながら
食べたスイカの甘めーこと
あの女の先生との夏の夜の思い出w
今でも覚えています
僕が「ゴキブリが、おったんですよ!」と言うと
そやなー、そやなーって
親身に聞いてくれまして
イカを差し出してくれたあの女の先生
今、どうしてるんやろか
先生の中で、一番会ってみたい先生です。
 
実は、この先生に、ラブレターらしいものを書いた記憶もありまして
どんな文面かは、もう全然、思いだせませんが
なんかお礼の手紙として便乗することで
ラブレター書いたような、なんかそんな気がします。
もしまだ、そのラブレターらしきものを
今も先生が持って、いらっしゃるなら
見たくないというか、すげー黒歴史発掘となって
やっぱ先生に、会いたくないような、会ってみたいような
ラブレターらしき手紙を渡した時
先生が手紙を大事そうに胸のところで抱えて持ってる姿
そんな先生の面影が、今、脳裏に浮かびました。
 
だから
僕の思い出の中では
ゴキブリとスイカと女の先生が、どうしてもリンクしてて
そんな夏の思い出、みんなも1つぐらい、ありますよね
そういうのあるけど、みんな忘れてしまってるんですよ
時折、何かがきっかけで、突如、思い出すというか
それが不幸にも、僕はゴキブリなだけで
思い出は永遠にってのを綴ってみました。
 
もしですよ!もし!
先生が、このブログ記事を見てしまうことが
あったならば!あったなら!
ラブレターの現存有無だけを!それだけを!をコメントに
そっと、お知らせ下さい。
では