神戸グルメゲリラ

Nukko Nuko, sometimes gourmet blog

24JAPANの見どころは唐沢寿明さんの恐顔芸が徐々に大袈裟までにエスカレートしてく部分やと思うんですよ!きっと

白い巨塔ファンならあるキャステングに気がつく

唐沢寿明さん演じる日本版ジャック・バウアーの獅堂現馬の妻役の木村多江さん、妻役の木村多江さんは白い巨塔で、がん患者の役やってまして、財前に、がん末期患者のがん治療は無意味だ!はよ死なせてやれ的な感じで扱われる役どころでして、それが24JAPANでは財前の妻役で復活といった方が分かりやすいでしょうかw

僕は見逃しませんでしたよ!キャストの妙味に「仕込んだな!これは!」と気が付きました。つまり白い巨塔で見殺しにされた妻の木村多江さんが24JAPANで財前に復讐するストーリーを見せられる訳でして、まさにうってつけのキャストじゃないですか、両ドラマが、ごっちゃになって説明するんの難しいけど、解る人には解るというか、白い巨塔ファンなら冒頭から24を見事にキャステングしいてると察知したと思います。

24JAPANは本家24と比べて、クオリティ的に見劣りするのは仕方ない事でして、しかもリメイクなのネタバレでして、見るべきは、唐沢バウアーの演技力の一点突破でして、まぁいってみれば、24のファン向けではなく、唐沢ファンへ向けての24JPANかと思います。極端に言えば、白い巨塔の財前にメスじゃなくて、拳銃を握らせて、街へ放つという見方です。メスで命を救ってきたが、今度はメスは使うとしたら拷問道具でして、人工心肺蘇生装置も心臓が動いてる人間に使う拷問道具でして、24時間で、どこまで唐沢バウアーになっちまうのか、そこが見どころかと思います。

24はスロースタート!1時間目は仕込みです。

演技も含め、すべてを出し惜しみして、徐々に加速、暴走するのが24なので、唐沢寿明さんの表情が、たんだん大げさまでに豹変していくのではと思います。ようするにジャック・バウアー「こえーわこの人、何するかわかんねー」表情がどんどん険しくなる演技というか、顔つきの演技が重要でして、唐沢寿明さんが歌舞伎役者真っ青の大袈裟な顔つきで演技されていくこれからの24時間やと思いますきっと

「すいませんゲロリます。白状します。許して下さい」と、容疑者が、あっさり自白してしまうジャックバウワーの恐顔芸というか、唐沢寿明さんは超練習し隠し持ってまして、僕はジャック・バウアーを超えるポテンシャルを秘めている予感がしてまして、1時間目は、やはり無表情に徹したほうが、効果的やと思いますし、そんな役どころの作戦が見てとれました。

唐沢バウアーの表情をド・アップで抜いたのカットシーンに注目、ここを楽しみにしています。たぶんこれから徐々に、そこまで表情変えて演じるのかぁー!て具合に超絶な恐顔芸を見せてくれる予感と期待感がありまして、これは仕方ない、犯人に同情してしまうほど、狂った表情の獅堂現馬を見せてほしいのです。

f:id:tommyoctopas:20200729160637j:plain

「はけー!きさまー!はくんだー!」

その時の唐沢寿明さん恐顔芸がなんとなく浮かぶんですけど、きっと想像絶する顔を用意しているというか、おそらく想像を絶する日本式拷問というか、ジャック・バウアーの拷問の唐沢寿明版の拷問芸にも期待を寄せてまして、本家24を凌駕するクレイジーな獅堂現馬の役どころで勝負すれば、その1点突破で勝機はあるはずでして、僕ならそんな脚色で24時間維持する作戦に出るというか、そこは予算はあまり使わずに挑める部分でありまして、唐沢寿明さんをキャストしたからには、十分にポテンシャルを発揮できるという狙いどころが、これから徐々に見て取れるのではなかろうかと、1話目見て、きっと、そんな感じかもしれんなぁと思いました。

拷問シーンは電気ものが好き

多気筒のクルマのエンジンの点火プラグを1本抜いて、口くわえさせて、エンジンかけるというか「エンジンが点火して回ってしまうと、きさまー!死ぬど!はけー!はくんだー!」ってな感じの点火プラグが口に入ってて、白状しようにも言えない拷問の目的が瓦解しているような拷問で相手を落とすというか、ちょろちょろっとセルモーター回して痛ぶるジャック・バウアーの手慣れた拷問シーンがあったかなかったか、ほんでもって急に無表情になって、なんの躊躇もなく、おっ始めようする身振り手振りに、容疑者もゲロるというか、その躊躇なくスムースに拷問に移行する脚色というか演技が、やはりジャック・バウアージャック・バウアーたる由縁というか、それを唐沢寿明版として、どう演じるのか興味津々でして、つまり24JAPAN見どころは、キレ芸で見せる表情と「アカンこいつ!もうやるしかないわ!」の無表情へのスイッチング、ここの役どころなのかもしれません。

なので24JAPANの見どころは

これから徐々に魅せてくれる唐沢寿明さん恐顔芸にあり!だと思うんですよ!白い巨塔でも恐顔芸のポテンシャル高かったですし、ジャック・バウアーを遥かに超える日本人独特の喜怒哀楽の表情表現を魅せていくのが、獅堂現馬の役どころの使命というか、本家24に挑める部分があるとしたら、ここが見どころかもと、唐沢寿明さんの恐顔芸にこれから期待しています。

どちらかというと本家24目線でなく、僕の中の白い巨塔の財前唐沢イメージが唐沢バウアーに変貌していくアップデートを楽しみたい!そんな感じですかね24JAPANは

ちなみにブログ中の写真は僕の恐顔芸です。バウアー役ではなく、バウアーに拷問されてる容疑者の顔ですかね。首謀者の名前をゲロる3秒前ぐらの顔やと思います。

では

abema.tv