神戸グルメゲリラ

🌸Nukko 🌸Nuko, sometimes gourmet blog

観測者を騙せ!ミニだけどミニじゃない、普通だけど普通じゃない、サイズ感がおかしいカレーのある「こふじ」さんの錯覚正常性のパラドックスについてのシュタインズ・ゲート

大きいのが大盛りで、小さいのが小盛りと思うでしょ

違うんですよねーこれが!

こふじさんのサイズ感のおかしいカレーの話しです。

f:id:tommyoctopas:20201023190658j:plain

カレーのサイズが3つありまして

  • ミニ
  • 普通
  • 大盛り

これは、こふじ表記でして

一般社会で流通しているサイズ感の表記に変換しますと

  • ミニが→普通に普通盛り
  • 普通が→かなり大盛り
  • 大盛が→超爆盛り

となり

普通を頼んだら、写真手前のかなりの大盛りがやってきて

ミニを頼んだら、写真奥の普通に普通盛りがやってくる

いや!写真奥の普通盛りは、ミニに見えるやん!って、おっしゃりますけど、それは目の錯覚でして、手前の普通盛りと呼ばれるやつが、あまりにデカイので、そう見えるだけでして、ミニではなく普通に普通盛りなのです。

よって、目の錯覚を振り切って、もう1度見て下さい!写真奥のカレーが普通に普通盛りと見えるようになった段階で、手前の普通盛りが、普通ではなく、スゲー大盛りに見えれば、正常な目測になったといえるでしょうか

だがしか~し!

スゲー大盛りに見えるやつは、こふじさんでは、単なる普通盛りでありまして、大盛りではないのですよ!

じゃ大盛りはというと、絶対にオーダーしてはいけないというか

先程の変換表では、超爆盛りに相当しますので、もしオーダーすると、この写真のカレーより遥かにスゲー超爆盛りになりますので、もし3つ並べると、そこで初めて、ミニがミニに見え、普通が普通に見えるという、さらなる錯覚を引き起こすが、それが正常なサイズ表記に見えるというパラドックス感というか

ミニではないんだけどミニに見え、普通ではないんだけど普通に見え、大盛りは、普通に爆盛に見える正常な目測になるというか

3サイズ並べると、たぶんそんな結果となり、こふじ表記は、正しいって事になるんですが、実は違う!というのが

それが!こふじシュタイナー

「大盛り苦手な人は、普通にニミにして下さい!それが普通やから!」

なんかこの1文で説明できたような気がしてきまして

長々と書いて説明してきた途方感が、なんとも言えません

あと、シュタインズ・ゲート風にサブタイルつけると

「こふじ表記の錯覚正常性のパラドックスって感じやと思います。

3つのサイズの世界線がありまして、つまり普通サイズの世界線の記憶を持って、ミニサイズの世界線に移動しないと、現世界線が普通サイズであると認識出来ないというリーディングシュタイナーと呼ばれるシュタインズ・ゲート世界線の設定と似ているというか、まさにそうでして、こちら方面の説明の仕方でも、ある方面の方には、しっくりくるのでは、説明を付け加えてみました。

そして変なものを見つけてしまいましたw

シュタインズ・ゲートのハリウッド実写化について

この動画、あの長~いストーリーを16分で、ぎゅっと圧縮してますw


シュタインズゲート 踊ってみた STEINS;GATE real life 命運石之門 パブリックエネミー 公演 #パブエネコーエン

シュタインズ・ゲートを知らなくても、2004年に公開されたアメリカ映画「バタフライ・エフェクト」ってのご存知でしょうか、これ風のストーリーです。

過去を改変すると、バタフライ効果により、本来、存在しなかった世界線が様々に分岐して、望んだ世界線に決して移動できる保証はないというストーリーです。映画「バタフライ・エフェクト」では、過去改変を諦め、現人生を受け入れる方へ収束して、エヴァンとケイリーは街角ですれ違うが、言葉を交わすことはなかった。 ←これが映画「バタフライ・エフェクト

お気づきやと思いますけど、シュタインズ・ゲートでは、ラストの再会も過去改変も、やってのけるという、バタフライ・エフェクトのアンチテーゼ的な作品やと思います。

正確には改変ではなく、改変したことを改変していないように周囲の観測者を騙し改変した事実が観測されなければ、バタフライ効果も観測されず、世界線の分岐も起きないという、量子力学観測問題であるところの月を観測するものが居なければ、月は存在していないという理屈、カオスな力学の世界において、観測した時点で、ある確率である収束した力学を伴って世界線に影響を及ぼすってやつです。ようするに人間が観測しなければ、すべての可能性を含んだカオスな状態のままで、世界線が枝分かれしないって理論でもある訳です。

有名なのが、シュレーディンガーの猫っていう思考実験というか、あれマジで実験しとらんとは思うんですけど、いっつも気になるというか、半死半生の猫が、いっつもエグい状態でして、面白いといったらあれですが、そんなバカな!って感じの感覚が面白いですよね!

もっと簡単に具体的に説明するなら

泥棒しても盗んだことが誰にも見つからなければ、また盗まれたことに、永久に気づかれなければ、泥棒した事実の世界線に存在しているのに、泥棒が行われていない世界線も存在するのだから、そこへ移動するのと同義という世界線の跳躍です。この世界線の跳躍に成功すると、前の世界線の記憶を持ったまま、跳躍は出来ず、結局のところ、泥棒した記憶が無い状態で、泥棒していない世界線にいるのだから、別に破綻はしておらず、まったく正常な世界線が維持されており、過去改変は許されないという神のロジック守られています。

よって世界線の改変は行われていない訳ですが、では前の世界線の記憶を維持したまま、別の世界線に移動する記憶能力を持った者がいたら、どうなるでしょうか、それはつまり、泥棒があった事実を知ってる者が、泥棒が行われていない世界線にいるのですから、過去改変に成功しているとも言えます。だとすると完全である神のロジックが破られた事になり、神(この世の法則)による過去改変の修復が始まり、結局は、泥棒した事実の世界線に相応しい世界線へと作り変えられ、移動してきた世界線が最初からそんな世界線だったとなり、世界線の跳躍に失敗している訳です。

最初の部分の泥棒があったかなかったかの観測の問題を完全クリアするには、自身は泥棒しているのに、泥棒していない観測者として自身もその観測者になれるかという、どうやっって自分を騙して、一切の観測者を消し去り、世界線を跳躍し、神のロジックを破らずに過去改変を行うか

どうやってそんなこと出来るねんっていうのが、それがシュタインズ・ゲート!しかも記憶を維持したまま!それがリーディングシュタイナーなのだ!

これね、鬼滅の刃を説明するほうが、どんな楽か!めっちゃ説明が難しいのですよ、なぜ故にカレーの世界線からシュタゲに跳躍したか、無理くりでも鬼滅の世界線に跳躍すべきでした。あと段々、中二病になってきた感もあって、もう止めます。超長いし

ハリウッドで実写化されるということなんですけど

これは待ちどおしいですね!僕は鬼滅もいいけど、断然こっち派ですね!早く公開にならんかなーって感じです。ほんとは邦画で実写化してほしかったんでけど、アメリカナイズされたシュタインズ・ゲートも興味深いところがありまして、いづれにせよ、キワもの間違いなしで、超ヒットするか、泣かず飛ばずの両極端な映画になるのではと、コケた場合は、邦画で実写化リベンジしてほしいところですが

邦画で実写化が本来の本線やと思うのですが、アニメの実写化は、これまでほぼすべてコケてまして、近年では銀魂が唯一の成功例でしょうか、あとキングダム?この銀魂を超える成功例になりうるポテンシャルを秘めたのがシュタインズ・ゲートやと思いますので、是非、邦画でトライしてほしかったんですけどね

俳優のキャスティングで勝敗が決まるシュタインズ・ゲート実写化でしょうか、俳優のハマリ度次第で、かなりの話題性を呼び込むの間違いなしなんでしょうけど、ストーリー自体はネタばれものなので、俳優の演技が、どこまでシュタインズ・ゲート感が体現できるかが、見どころなんでしょうけど、キメゼリフが普通にシュタインズ・ゲートを知らなくても笑えるかにかかってまして、たぶんココやと思うんですよね。難しいやろなーたぶん実写化すると、やっぱコケるか!

  • 牧瀬里穂のガウンを普通に着込まず、肩までずらしてルーズに着こなすあの可愛らしさが、どこまで実写化で実現できるのか
  • まゆしーが、太ってるのか痩せてるのか微妙なスタイルが、どこまで実写化で実現して、完全に天使と認識できるクオリティを達成できるのか
  • ルカくんが、だがしかし男感が、どこまで実写化で実現できるかも、かなりの重要度でもあるし
  • フェイリスにゃんにゃんの演技が、見てるこちらも、どこまで恥ずかしくもなく、普通に受け入れることが出来るかも大きいし
  • 鳳凰院凶真の中二病のセリフが、ドン引き設定なのだが、これも見てるこちらが設定として設定どうり受け止め、どこまで受け流すことが可能かの許容範囲の演技度合いも重要ですが、スロットルを絞ると、これまた鳳凰院凶真でなくなるし
  • ダルくんは、役どころとしては、語尾だけ注意してれば、ある程度こなせる役どころのような気がしますが
  • 鈴羽は、どっかからビアンキMTBを調達してくることが必須ですが、これは大丈夫でしょう、私は失敗した失敗したと連呼する手紙シーンが見どころでしょうか、ここ好きというか、ここから急展開がシュタゲの怒涛展開で、超重要シーンやと思いますので、鈴羽の役どころは超重要

なんやかんやでこれ実写化かなり難しんじゃねーって感じです。先程のYoutubeの動画みたいなミュージカル向けが一番合ってるような気がします。

こふじさんのカレーで、ここまで話しを引っ張ってこれました。別の世界線に移動してきたみたいなものでして、もしまだ、あなたがカレーの記憶があるならば、それはリーディングシュタイナーを獲得した証ですw

そしてこれは一応、グルメブログなのです

あとは、こふじシュタイナーを獲得すれば完璧です。

あとこの記事、googleの何の検索で引っ掛かってくるのか楽しみです。

では