神戸グルメゲリラ

Nukko Nuko, sometimes gourmet blog

道頓堀 この堀沿いをず~っと歩いていられる大阪で 唯一迷子にならないスポット

道頓堀のガヤガヤ感がほんと大好きです。

水の深さ、そんな深そうに見えません。ここからダイブしたら頭打ちつけて普通に死ぬと思ったというか、脚から行っても骨折れるやろと普通に思った次第の行くなら腹打ち、大の字、全身均等落ちというか大阪で一番好きなスポットです道頓堀は、お店が乱立してて、そのガヤガヤ感がいいですね

f:id:tommyoctopas:20201106145725j:plain

f:id:tommyoctopas:20201106145757j:plain

f:id:tommyoctopas:20201106145618j:plain

仕事で長堀橋駅の会社さんに訪問する機会が月1ほどありまして、その時は阪神大阪難波で下車して道頓堀沿いを歩いて長堀橋駅まで歩いて向かいます。結構な距離です。普通は歩かない距離ですかね。神戸での距離感覚でいうと三宮から神戸駅までぐらいありますかね。でもこの道頓堀がガヤガヤ感が大好きでして、ついつい遠回りしてしまいます。

今現在、平日の道頓堀のお昼は、驚くほど人が少ないです。観光客も僅かって感じでして、人と人の間隔がスカスカでして、心斎橋の商店街もスカスカで、むしろ神戸の元町商店街の方が人が多いと思えるぐらい、人が少ない印象です。

去年はドラッグストア&ドラッグストア&ドラッグストアって感じのインバウンド需要を狙って店が乱立してましたが、かなりドラッグストアは減りました。代わって、たこ焼き屋さんが増えたって感じです。神戸のたこ焼き屋さんは、小ぶりなやつが多いけど、道頓堀のたこ焼きは大ぶりですね。銀だこサイズ的やつ多かったです。

何歩か歩いたら、直ぐたこ焼きが食べれる街っていいですよね。道頓堀を眺めながら缶ビール片手に、たこ焼き食いたいのですが、さすがに仕事中なので無理でして、帰りにまた道頓堀に戻ってきて、やりたいのですが、急にホームシックになるというか、すっげー神戸に帰りたい気分になるというか

やっぱね大阪をウロウロしてると不安になってくるというか、基本方向音痴でして、神戸の人全般に言えると思うんすけど、山か海が見えてないと、方向感が取れず、すっげー不安になるというか、大阪によくある長い地下道、あちこち曲がって歩いて、いざ地上に出ますと、もうダメでして、ここどこですか?右も左も解らんというか、スマホで地図だしても、地図の方向が、結局のところわからないので、まったくの明後日の方向に歩き出すなんて、しゅっちゅうでして、なんだかな~って感じす。

それは神戸っ子の呪いというか、山に向かって左手が西、右手が東、南北は無くて、上か下って感覚です。この神戸っ子の独特の方向認知感覚、これがねーものの見事に、他所の地域では通用せんのですよ。むしろこの感覚が原因で、すぐ迷子になります。たとえスマホで地図を表示してても

あると思います。

f:id:tommyoctopas:20201106145904j:plain

道頓堀は、堀沿いに真っ直ぐ歩くだけなので、迷子にはなりませんが、ただどっちが西で東か、まったく解らんまま歩いてることには変わりありませんが、このグリコさんもどこへ向って走っているのか解りませんけど、神戸っ子の感覚では、なんとなく西、神戸方面に向っているのではの錯覚的なものがあり、だとすると、向ってグルコさんの左手方向が六甲山、つまり上方向じゃんって感覚で道頓堀を難波から長堀橋方面へ北上、つまりは六甲山へ向ってるつもりの感覚で歩いているのです。もっと言えば仮想で山の方向を決めないと1歩もあるけんこの感覚

きっと、解らんやろなーw

では