神戸グルメゲリラ

🌸Nukko 🌸Nuko, sometimes gourmet blog

エヴァンゲリオンは終わらないからエヴァンゲリオンやのに終わってしまうらしい

監督も含めファン全員が呪縛から解かれ「リアル側の世界」に全員が補完されるというオチが人類補完計画なのかもw

実は、エヴァンゲリオンは思い出深いというか

初の劇場版シト新生を大昔、1997年、今は無き、ビック映劇で観たの覚えています。なので1995年の阪神大震災の2年後です。当時、三宮センター街はアーケードがぶっ壊れたままで、お空が見える状態でしたかね。

あの震災の中、ビック映劇は健在あったんですよ!

ほんでもって、エヴァンゲリオンを上映してくれたんですよ!

ビッグ映劇は名画系というか流行り映画ではなく映画通好みの映画館でして

そのビッグ映劇が!エヴァンゲリオンですとぉー!!

すげーー!やったわって感じでして

※しかしながら1999年にビッグ映劇はシネコンブームで淘汰、閉館となりまして残念極まりないです。今でいうなら新開地の名画系のパルシネマですかね。そこがエヴァンゲリオン上映する衝撃具合だったのです。

今でも、薄っすらあの感動が蘇ります。

当時、エヴァが大好きでTVの録画ビデオをマジで穴が開くほど見てまして

いよいよ劇場版で完結するんやと!まじかぁー待ってたどぉー!

まだまだ震災で大混乱の中、ビック映劇へ乗り込んだら

エヴァのファンで行列できてて、チケットもいでるおばちゃんが

ビック映劇史上初の行列やと、ニコニコでチケットもいでましたかね

だが!しか~し!

なんかTV板の焼き直しみたいなの見せられて

いつワイら見たいエヴァが始まるんだよと!じ~と見てたら

エンドロールが流れ出して

えっ!終わりなんかこれ!詐欺映画やんけ~!腹が立って仕方なくて

抗議の意思表示も込めエンドロールの途中で席たって出ました。

するとですね

チケットもいでたおばちゃんが

兄ちゃん帰るんか、帰ったらアカンで!

今からエヴァの続きが始まるんやで!

はよ!席に戻り!

っていわれて、マジかよって、戻ってみると

初めて見る知らない続きのシーンが突如始まり

なんと2部構成あったんですよ!

しょーもないトリッキーな事しやがって

危うく帰ってしまうとこあったわ!と

気を取り直して、ワイが見たかったエヴァの続きをワクワクしながら

何も見逃すまいと目を皿のようにスクリーンへと集中!

最初は、おー!おー!すげー!弐号機が大活躍でして

次は初号機!おまえが出て、アスカを救えー!

さぁどうなんるやー

だが!しか~し!

その2部目も、あっちゅーまに終わってしまい

結局、ワイらが見たかったエヴァはさらに謎を深めて終わり

この先が見たいんだよ!この先がぁ~!

嫌だ帰りたくね~って、席にしがみついても

なんにも始まらないし

入れ替えなので

チケットもいでるおばちゃんに叩き出されるだけでして

なんだよ!エヴァンゲリオンって、二度と見てるやるもんかと!

ついに今日で24年経ったんですかね

エヴァンゲリオンが終わったらいしいですのです。

今、上映中のやつ、ちゃんと完結ってことらしく

見に行くべきなんですかね、大好きあったエヴァンゲリオン

けども24年間、エヴァの呪縛に囚われたコアなファンでもありませんので

見に行ったら負け!って、妙な抵抗感もありまして

見たいような見たくないような、そんなエヴァンゲリオンです。

TV放送、当時、近所の小さいガキンチョもエヴァが大好きでして、シトのぶっ飛んだ造形に惹かれたらしく、ストーリー自体もある程度、理解してて慄いてました。

そんなガキンチョをターゲットにシトのプラモを出したら売れたかは定かでないですけど、ギミック的に動かして遊ぶパーツ部分でシトの場合、問題ありでして、やっぱプラモ化は初号機と弐号機になっちまうわけなんですけど、やっぱ大人に綾波とかのフィギュアを買わして儲ける部分は、エヴァは大成功してるんとちゃいますかね。ませたガキンチョが、お年玉全部出して、綾波のフィギュアなんか買ってこようもんなら、親が腰抜かして取り上げて返品にしに行くレベルのやつ、結構売ってましたから

ほんでもって、今は180万円の等身大の綾波が発売になってまして、等身大ですよ!これ買って何すんのって感じですw

www.j-cast.com

最近のアニメは、ストーリーがほんと難解なやつ多くて、むしろおっさん連中がついて来れない感じでして、エヴァがアニメのファン層を底上げして、当時のガキンチョたちが、現在、第一線でアニメが盛り上がってるんですかね。僕は最近ついてこれてませんけどね。仮に僕が小学生の時代の時、エヴァが放送されていたら、なんだよこのアホ!シンジ!ワイと替われ、ワイが操縦したる!って連呼してたと思います。

24年間引っ張り続けて終わらせるアニメ映画なんですが、惜しむらくは、今も三宮のビッグ映劇が健在で、ビック映劇に始まり、ビッグ映劇で終わるエヴァンゲリオンが見れれば、かなり感慨にふけるものがあったと思います。

ちょっぴり振り返ってみましたが、結局、エヴァの呪縛24年間からファンを解き放つ映画というかライフイベントというか、エンディングがどのような形であれ、庵野監督さんが終わったと言えば終わりのようなものでして、監督も含めファン全員が呪縛から解かれ「リアル側の世界」に全員が補完されるというオチが人類補完計画だったという帰結が一番素晴らしいのではないでしょうか

これ観に行った方がいいんですかね。迷ってます。たぶん、おっさん率が高い来館者数と思うんですけど、やっぱ補完されに行った方がいいんですかねw

あと劇場版シト新生のエンディング、やはり思い出深いものがありまして「魂のルフラン」がエヴァソングの中で一番好きですかね

貼っときます。久しぶり聞くと、24年前にちっぴりワープしますねw

では


【高橋洋子】 魂のルフラン